2009年02月15日

不動産鑑定士

real estate appraiser

不動産鑑定士とは、依頼者からの鑑定申し込みに応じて不動産の、

適正な評価額を調査、検討、決定し、その価額を依頼者に、

報告する職業です。業務は国や都道府県が依頼者である公的な、

評価額(地価公示、地価調査など)と私企業や個人による、

民間評価に大別されます。公的評価は毎年ほぼ平等に事務所に、

割り振られるために鑑定士業を実に安定的なものにしています。

また、民間評価の延長として不動産活用のコンサルティングも、

行うようです。具体的には、依頼者が指定した土地や建物などの、

不動産を実地に調査して、それがどれほどの費用で作られて、

いるかなどの費用性などや、どのような値段で取引されているか、

市場性や、それを利用することでどれほどの利益が得られるか、

収益性などを調べて分析しながら不動産鑑定評価基準に基づき、

今までの経験をも加味して総合的に判断して適正な価格を、

決めていくようです。その結果と経過を鑑定評価書類に、

取りまとめて依頼者に説明して報告する仕事です。そして、

不動産鑑定士は土地や建物などの不動産を法律に基づいて、

唯一鑑定評価を行なうことができる職業です。不動産鑑定士は、

鑑定評価の依頼を受けると実地調査をします。駅からの距離や、

道路状況などで評価額に大きく差がつきます。周りにどんな、

建物があるか、方角はどうか、建築基準法との関係を調べます。

また、実際に取引をした人や不動産会社を訪ね歩き過去の、

取引事例などを調べます。不動産の価格を決定するために、

必要なあらゆる情報を自分の目と足で集めます。このため、

現地で行なう調査は鑑定士の仕事のおよそ半分を占めます。

このほかには管轄の法務局で土地の位置や形を公図で正確に、

つかみ、登記簿謄本を調べることも大切な作業です。事務所に、

戻ると公示価格などを参考にしながら実地調査したデータを、

合わせて総合的に判断をして不動産鑑定評価書をまとめて、

いきます。不動産鑑定士の多くは独立して鑑定事務所を、

経営しています。開業して14年になる某鑑定士さんは、

仲間と共同して年間250件もの鑑定評価を行なっています。

公的機関からの依頼も多く、裁判所からの依頼が6割を占めます。

長年の実績と社会的信用度があってこその高い信頼性を必要と、

される仕事ができるのです。大手の不動産会社、銀行、商社や、

保険会社、官公庁など、不動産鑑定士の活躍する場が広がって、

います。2005年1月までに不動産鑑定士として国土交通省に、

登録されている人は6886人です。この他に不動産鑑定士補、

として登録されている人が2389人です。しかし、

登録をしても本来の不動産鑑定業務に従事してない人がいます。

登録を受けても不動産鑑定の仕事に就かない人がいるのは、

信託銀行や不動産会社などで他の業務に従事している人が、

多いからだとされています。不動産鑑定士になるには、

土地鑑定委員会が行なう3段階の不動産鑑定試験に、

合格しなければなりません。短大、高等専門学校、大学などの、

卒業者は1次試験が免除されます。2次試験は専門知識を、

問うものなのでこれに合格して2年以上の実務に従事すると、

不動産鑑定士補として登録されます。不動産鑑定士補として、

1年以上の実務補習を終了して3次試験に合格して登録されると、

はじめて不動産鑑定士となります。しかし、2006年から、

試験制度が大幅に改正されて従来の1次試験と3次試験が、

廃止されました。それによって短答試験と論文試験などの、

2段階となり、論文式試験は短答試験で一定の基礎知識が、

あるとみなされた者だけが受験できるようです。短答試験の、

科目は不動産に関する行政法規および不動産鑑定評価理論の、

各40問で、論文式試験の科目は民法、会計学、経済学の、

(各大問2問)および不動産鑑定評価理論(大問4問)と、

なっています。また、短答試験の合格者はそれ以降から、

2年間有効となり、論文式試験だけで受験できるように、

なりました。受験資格の制限はなく、年齢、学歴、性別などや、

国籍の全てに於いて不問で実務経験が無くても受験できます。


社団法人 日本不動産鑑定協会

〒 105−0001 東京都港区虎ノ門3−11−15

SVAX TTビル9階 

03−3434−2301 FAX 03−3436−6450

H.Pアドレス・http://www.fudousan-kanteishi.or.jp/


posted by ビジネスガイド at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 職業検索(ふ)行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。